平成23年度 万年青大学「史跡探訪」の事前調査に行ってきました。
ここ数年は、九州・山口の近代化産業遺産群を取り上げ、飯塚の旧伊藤伝右衛門邸、唐津の旧高取邸や、昨年は長崎歴史文化博物館の「龍馬伝館」、「平和公園」等を探訪地として設定しましたが、今年度は、「荒尾市近郊の再発見」をテーマに、世界遺産暫定登録の「旧万田坑」を含めた、「新幹線 新玉名駅」「有明ソーラーパワー」「大牟田 石炭産業科学館」等を設定しましての事前調査を実施してきました。
万年青大学、会長以下担当班の皆さん、随行の関係の方には、大変お世話になりました。
8月23日(火)万年青大学第三回目教室時に、参加者応募を開始しますので、ふるっての、お申込みをお待ちしています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark