幼い頃に観た、映画「雨に唄えば・Singin’in the Rain」のワンシーンで強烈に印象が残っていました「タップダンス」
公民館講座で出来ないものかと考えていましたところ、出逢えました!アメリカ・カナダを経験されて、出身地 熊本に現在在住の COCORO こと、緒方先生。
荒尾市までの出張依頼にも、快く指導者を引き受けて下さいました。最年少は小学校から60歳くらいまでの受講生がひとつになり、タップを踏んでいます。
脚力アップに、全身を動かしてのダンス。タップダンスの歴史的な背景は、しいたげられた環境の中で、発生し発展したきたように聞こえてきていますが、そんなのが、エネルギーとなり、芸術になっていくのかもしれませんね。発表会が楽しみです!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark