今日、花器を彩ってくれたのは、エニシダ・アンスリューム・小菊・レザーファン(シダ)です。

アンスリューム(別名:紅団扇)は、エナメル質のような質感があり、逆ハート形をして、造花の様にも見えます。
赤い花のように見えるのは、植物学では、「仏炎苞」と呼ばれる「ほう」で、正確には花では無い様ですね。

花言葉は、飾らない美しさ、印象深い、無垢な心、との事です。

笑顔いっぱいで教えていただきました、西田 先生、ありがとうございました。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark