6月から順次開講しました「趣味の講座」も、早くも10月に突入しまして8回のプログラムが経過しています。

今回は、「ふだん使いのステンドグラス」を探訪させていただきました。

ステンドグラス歴 26年の工藤先生。市内に工房を営んでおられ、とあるイベントが御縁で今年度の趣味の講座講師を引き受けていただきました。

26年間で生み出された作品は、数数え切れない程。今回、半年で3つの完成を目標にカリキュラムを作っていただきました。

開講式の第1回目のカリキュラム時は、ガラス切り、研磨と、少しおぼつかない作業だったのも、もう、お手の物。

12月4日(日)の趣味の講座発表会での作品展示が楽しみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark