10月31日は、「ハロウィン」。

ハロウィンの語源は、「諸聖人の祝日の前夜」を意味するらしく「All Hallow’s Eve」が短縮されて「Halloween」で「Hallowe’en」と表記されるとの事です。

「Jack-o’-lantern(ジャック・オ-・ランタン)」と呼ばれる、カボチャをくり抜いて、顔をデザインした中にロウソクを立てたオブジェを飾りつける光景をよく目にしますが、これは、死者の霊を導いたり、悪霊を追い払うための焚き火に由来するといわれ、日本のお盆の「迎え火」や「送り火」に近いものがあるらしいですね。

ハロウィンでは、仮装した子ども達が、「Trick or treat!(お菓子をくれないといたずらするよ!)」と言って、近所の家からお菓子を貰う由来は、農民が祭り用の食料を貰って歩いていたさまを真似したものといわれているそうです。

マナビィの間にも、職員手作りの飾り付けをしています。 お立ち寄り下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark