いつも公民館入り口を彩っていただいています、万年青大学 自主グループ 生花教室の皆さんの作品!

今回は、フォックスフェイス(別名 ツノナス)、バラ、リンドウ、ソリダコの共演。

今回メインの、フォックスフェイスはきつねの顔に似ているところからの命名らしいです。

食べられますか?の問いかけに、食べられてみて安全だったら、私達が食べますとのご返事に、調べてみたら毒性があるとの事でした・・・

花言葉は「偽りの言葉」。食べられそうに見せかけて・・それともキツネにつままれて・・ですかね。めずらしいお花をありがとうございます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark