ちょうど、今日から半年後の2012年5月21日(月)、全国で部分日食を見ることができるほか、九州地方南部、四国地方南部、近畿地方南部、中部地方南部、関東地方などの広範囲で金環日食を見ることができます。

地球全体では1年に数回の日食が起きていますが、「皆既日食」や「金環日食」はめったに起こらない珍しい現象で、日本の陸地からの観測に限ると1987年9月23日に沖縄本島などで見られた金環日食以来との事です。

観測可能の「中心食帯」で、「食」が最大になる前後には、太陽がドーナツ状になる様子を観察出来ます。

たまに、「遠く」を見たくなる衝動にかられますが、今回の、壮大なる宇宙の運行のなかでの天文ショー、「金環日食」を是非、観察してみたいものですね。

情報があり次第、またお知らせ致します。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark