☆禁酒の日
1920年(大正9)年、アメリカで禁酒法が実施された日。

清教徒(ピューリタン)の影響でアルコールに対する強い批判があっていたアメリカでは20世紀初頭まで18の州で禁酒法が実施されていたようですが、これがアメリカ全国に及んだ日。

しかしながら、密造酒での健康問題や密売に関わるギャングの出現等の逆効果を招いたため、1933(昭和8)年の2月に廃止。

この時期には、闇酒場を舞台として良い音楽も出来たり、禁酒法を背景にした映画も名作がありますよね。

お酒も飲み方次第ですかね。

☆薮入り (やぶいり)
昔々、商店に奉公している人や嫁入りした娘さんが、休みをもらって親元に帰ることが出来た日。

1月のこの日と7月16日だけが、実家に帰ることが許された大切な日。

薮入りは奉公人たちにとっては年に2度だけの貴重な休日であり、重大なイベントであったために、これにちなんだ小説や俳句、落語(「薮入り、旧題お釜さま」など)なども多く残っている様です。

以上、今日は「何の日」シリーズでした!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark