去る、7月22日(日曜)9:00~15:00にて、中央公民館 市民講座 「3・11を忘れないvol.2 起震車体験」&「荒尾市津波避難訓練」が催されました!

朝から心配しました雨も、訓練開始頃にはあがり、9:00に発せられた津波発生の訓練サイレンとともに、避難者の方々がそれぞれの避難所へと、避難を開始されました。

中央公民館にも、最寄りの住民の方々が避難。

設営された災害対策本部では、くらしいきいき課皆様により、的確に被害状況・避難状況の情報収集がなされ、巡回のパトカー、消防車等が立ち寄られては、被害状況の報告がなされていました。

館内では、NPO法人コメリ災害対策センター様の御協力による、災害備蓄品の展示に、国土交通省菊池川河川事務所様提供の災害パネルの展示。

お昼からは、荒尾市社会福祉協議会の皆様による、炊き出し訓練のカレーの配布と、熊本市消防局様から派遣の公民館 市民講座・起震車体験。

起震車体験では、関東大震災モデルや、阪神淡路大震災モデル等にプログラムされている揺れを、多数の皆様に体験していただく事が出来ました。

関係者の皆様方、大変お疲れ様でした!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark