去る、1月5日(土)15:00~ 玉名市の高瀬蔵におきまして、「Sak Tzevul (サクツェブル)」のコンサートが開催されました。

平成20年度半ばまで公民館自主サークルの「オカリナカンタービレ」を指導していただいていました西居 かおり先生からご案内いただきましての見学。

公民館でのオカリナサークル指導を、現在の指導者植田 恵美先生に引き継がれたあと、メキシコへと音楽修行に行かれ4年ぶりの帰国での凱旋コンサートで、当日が日本初のステージとの事でした。

会場は、マヤ系言語(ツェルタル語)やスペイン語に日本語と、中南米の先住民たちに代々受け継がれてきたマヤ音楽とに包まれつつ、現指導者、植田先生と、ペアの渡邉先生のグループ、「ブルーローズ」の賛助出演もあり、アットホームながらも不思議な空間を過ごせたひとときでした。

今後もますますのご活躍をお祈りします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark