本日、1月15日(火)10:00~ 平成24年度 万年青大学教室 第7回教室を開催しました!

「認知症になっても安心して暮らせるまちをつくろう!」をテーマに、

社会福祉法人 東翔会 グループホーム ふぁみりえ ホーム長の 大谷 るみ子先生をお招き致しまして、ご講演をいただきました。

認知症とはどんな病気?と、まずは認知症についての理解からはじまり、認知症の予防、認知症の人の気持ちの理解、認知症にやさしいまちをつくる、とご自信の長年のご経験から発せられる言葉に、教室生皆さん聞き入られていました。

また、認知症とは高齢者ばかりが発症するとは限られてなく、若年性認知症の症例では、14歳での発症も報告されている様ですし、

認知症予防の運動として有効な、日々の 「有酸素運動」 もご紹介していただきました。

仮に発症したとしても、それに対する理解のある 「まちづくり」 の構築にご尽力されてこられた、大谷 るみ子先生。

今後もますますのご活躍をお祈り致します。本日はありがとうございました!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark