本に関する「賞」と言えば、文芸春秋社の「芥川賞」「直木賞」をはじめ、

新潮社の「三島由紀夫賞」「山本周五郎賞」、

角川書店の「日本ホラー小説賞」など、様々あるようですが、

昨日は、「2013年 本屋大賞」が発表されたようですね!

2013年本屋大賞は、「海賊とよばれた男」百田尚樹著(講談社)。

残念ながら、まだ手にとって読んだ事はありませんが、気をつけていたいと思います!

本屋大賞受賞作からのテレビドラマ化なども多いようで、今後もチェックしておきたい分野です!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark