去る、11月2日(土)13:30~16:25 荒尾総合文化センター 小ホールにおきまして、

『平成25年度 どこでも生涯学習 公開講演会 万田坑
~世界遺産をめざして!三池炭鉱・万田坑の果たした役割と産業遺産としての価値~』 が開催されました。
(主催:荒尾市、荒尾市教育委員会、放送大学熊本学習センター 後援:熊本県教育委員会)

ユネスコ世界遺産についての解説から、ご当地 「万田坑」 についての解説はもちろんの事、

実例検証として、実際に藤原教授が足を踏み入れられて検証されてこられた、軍艦島(端島)に関しての建築構造物視点からの解説は関心深いものがありました。

上陸解禁になった2009年にはロックバンドの「B’z」のPVも、軍艦島で撮影されているようですね。

一度は訪れてみたいと思う遺産群のひとつです。

万田坑を含めた、「明治日本の産業革命遺産九州・山口と関連地域」の世界遺産登録を目指して、市民で盛り上がりましょう!

講演Ⅰ 九州大学大学院 芸術工学研究院 藤原教授  講演Ⅱ 熊本学園大学商学部 幸田教授

両先生、貴重なお話をありがとうございました。

H25 11 2 放送大学 万田坑 004(加工)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark