今日、9月9日は重陽(ちょうよう)の節句。

平安時代初期、宮中では観菊の宴が催され、収穫の時期でもあるこの頃、庶民の間では「栗の節句」として「栗ご飯」でお祝いをし、長寿と無病息災を祈願していた様です。

本日の公民館利用者様との会話の中「栗ご飯を炊いてもらうのを、楽しみにしていた頃が懐かしいです。」とのお話しがあり、思わず書き留めてみました。

古き良き伝統を引き継ぎたいものですね!

yjimage[6]

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark