IMG_0551IMG_0552IMG_0553

11月13日(日) 中央公民館で市民講座を開催しました。

今回の市民講座は、絵本「いのちをいただく」の原案者であられます坂本義喜さんをお招きしました。

坂本義喜さんのお話しは、元熊本市食肉センター解体作業員で勤められていた時の体験や現在の講演活動と色々と深い内容でした。現代社会ではお金があれば、大半の物は手に入るようになりました。今回のお話しでは食物を作ってくれた農家の人達、料理を作ってくれた家族、家畜に魚などの食事に対する有りがたさを思い出させていただきました。参加いただいた中には涙されている市民の方もおられ、今まで色んな講話を聞いてきたが貴方の話が一番良かった!と言う発言もあり坂本義喜さんもやりがいがありました、これからの活動意欲に繋がったとの事でした。

これからも、皆さんに喜んで頂けるよう公民館を運営して参りますので、次回の市民講座にも是非ご参加下さい。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark